【韓国旅行】T-COINを交通系ICカード「T-money」にチャージする方法

ホーム / 交換先 / 【韓国旅行】T-COINを交通系ICカード「T-money」にチャージする方法

※ 日本国内でチャージするためには「부비NFC」アプリがインストールされた、NFC対応のAndroidスマートフォンが必要です
※ 「부비NFC」アプリのインストールには韓国のGoogleストアのアカウントが必要です

韓国・ソウルで地下鉄やバスの乗車に使用されているのが「T-money」カード。日本の「SUICA」や「PASMO」と同様の交通系ICカードです。

「T-money」を使って地下鉄やバスに乗車すると、通常よりも安い料金で乗車することができます。さらに、地下鉄・バス・その他鉄道間の乗り換え時には乗り換え割引も発生します。

また、「SUICA」や「PASMO」と同様に、コンビニでの買い物にも利用することが可能です。

韓国旅行の必須アイテムとも言える「T-money」カードに、ポケットチェンジを使ってチャージする方法をご紹介します。

必要なもの

  • T-money カード
  • NFC対応のAndroidスマートフォン
  • 韓国のGoogleアカウント
  • 부비NFC」アプリ
  • ポケットチェンジで「T-COIN」へ交換した際に発行されたレシー

부비NFCアプリのダウンロード

韓国のGoogle Playストアから 부비NFCアプリをインストールします

まずは、ポケットチェンジで現金をT-COINに交換します。

ポケットチェンジの使い方については、以下の記事をご参照ください。

【公式】ポケットチェンジの使い方

交換が完了するとレシートが出力されますので、こちらに記載されているQRコードを使用します。

このQRコードをスマートフォン(※NFC対応のAndroid端末に限る)で読み取ると、チャージに使用する부비NFCアプリのダウンロードリンクが表示されます。

URLをタップして、Google Playアプリで開き、부비NFCアプリをインストールします。

インストールが完了したら부비NFCアプリを起動して、表示される内容に「続行」「許可」をタップして進めると、準備完了です。

부비NFCアプリを使って、T-COINを「T-money」カードにチャージ

부비NFCアプリを起動して、メニュー画面の左上、 下図の赤枠部分をタップします。

チャージする「T-money」カードをスマートフォンのNFCで認識させます。

「T-money」カードが認識されると、チャージの種類が表示されますので、「T-COIN」を選択します。

コードの入力画面が表示されますので、入力欄をタップして、レシートに印字されたPINコードを入力します。

PINコードを入力して、 下図の右上にある赤枠部分をタップすると、金額と日付が表示されます。間違いがなければ、一番下の青いボタンをタップします。

再度、「T-money」カードをスマートフォンのNFCで認識させるとダイアログが表示されますので、中央の青いボタンをタップします。

これでチャージは完了です。

「T-money」カードを使って、地下鉄やバスの料金を支払いすることができます。

なお、チャージされた内容を確認するには、メニュー画面の中央上、下図赤枠部分をタップします。

表示された画面の右上をタップすると、チャージされた内容が表示されます。

注意事項

  • T-COINからT-money残高を追加する際、TMONET社による規定の手数料が発生します。
  • 부비NFCアプリのダウンロードには、韓国のGoogleアカウントの使用と韓国のIPアドレスからの接続が必要となります。

いかがでしたでしょうか。

この他にも、レシートに印字されたPINコードを韓国のコンビニに持ち込み、チャージしてもらうことも可能です。

頻繁に韓国を訪れる方なら、日本で日本円から「T-money」カードにチャージを済ませることができますので、気になった方は試してみてください。