楽天Edyのチャージ方法!クレジットカードは使える?あなたにぴったりの方法をご紹介

楽天Edyのチャージ方法!クレジットカードは使える?あなたにぴったりの方法をご紹介

目次

■楽天Edyとは
■楽天Edyを使うメリット
■楽天Edyカード/アプリを手に入れる方法
■楽天Edy残高のチャージ方法
■楽天スーパーポイントとは
■本記事のおさらい


■楽天Edyとは

楽天Edyとは、楽天Edy株式会社が提供する電子マネーです。コンビニなど楽天Edy加盟店でのお買い物の際に決済手段としてすることができます。


■楽天Edyを使うメリット

楽天Edyの公式ウェブサイトでは下記の3点がメリットとして紹介されています。

・全国75万ヶ所以上のコンビニ・お店で使える
・お支払いで楽天スーパーポイントが貯まる
・楽天スーパーポイントを楽天Edyとしてチャージできる(1ポイント=1円)

楽天Edyを使って決済することで、現金を使ったやり取りが不要になります。


■楽天Edyカード/アプリを手に入れる方法

楽天Edyをチャージする前に、まずは楽天Edyを使えるカードやアプリを手に入れる必要があります。

すでに楽天Edyをお持ちの方はこちら

楽天Edyを使う方法は以下の4つがあります。

○Edyカード
○Edy機能付きのクレジットカード
○おサイフケータイ
○Edyグッズ(楽天Edy機能付きのグッズ)

○Edyカード

Edyカードは楽天Edy Official Shopで購入することができます。

○Edy機能付きのクレジットカード

楽天カードの中にはEdy機能付きのものがあり、Edyカードを使うような形で楽天Edyを利用することができます。

Edy機能付き楽天カードは楽天カードのページから申し込むことができます。

○おサイフケータイ

おサイフケータイ機能付きの携帯電話をお持ちであればアプリをダウンロードすることで楽天Edyを使うことができます。

○Edyグッズ

Edy機能付きのグッズでも楽天Edyの支払いをすることができます。


■楽天Edy残高のチャージ方法

次に楽天Edyの残高をチャージする方法を紹介していきます。

お使いになっている楽天Edyの種類によってチャージの方法は異なります。

1.Edy-楽天ポイントカードをお使いの場合
2.Edy機能付き楽天カードをお使いの場合
3.おサイフケータイをお使いの場合
4.楽天EdyアプリとEdyカードを併用している場合
5.iPhoneとEdyカードを併用している場合
6.iPhoneとおサイフケータイ対応機器を併用している場合


1.Edy-楽天ポイントカードをお使いの場合

次の4つの方法があります。

クレジットカードからのチャージ

クレジットカード情報を登録することでEdyカードにクレジットカードからチャージができるようになります。

注意点として、クレジットカード情報の登録とチャージにはEdy Viewerというサービスを利用するのですが、そのために「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」という専用の機器をお持ちである必要があります。

Edy Viewerの利用について、詳細はこちらをご参照下さい。

現金からのチャージ

コンビニや一部の楽天Edy加盟店のレジで現金から楽天Edyをチャージをすることができます。

加盟店店舗のスタッフに楽天Edyにチャージしたい旨を伝えるだけですので、普段お使いになるお店がチャージ可能なお店であればこちらが最も手軽な方法かもしれません。

また、Edyチャージャーという現金を投入することでチャージができる機器を設置しているお店もありますし、セブン銀行のATMでも楽天Edyの現金チャージができます。

外貨からのチャージ

弊社が運営する「ポケットチェンジ」端末でもEdyへのチャージが可能です。

ポケットチェンジ利用イメージ

レジでのチャージやEdyチャージャーなどのチャージ機との違いは、日本円以外、つまり外貨でもチャージ可能な点。そして1円単位でチャージできる点です。

対応通貨は米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォン・香港ドル・ベトナムドン・台湾ドル・タイバーツ・シンガポールドル、そして日本円の10通貨です。

米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォンに関しては、通常は両替してもらえないコインもポケットチェンジではお取り扱いしております。

1円単位でのチャージが可能なため、お財布で余っていて使いづらい1円玉を楽天Edyにチャージ、といった使い方も可能です。

ポケットチェンジが使える場所はこちらをご参照ください。

楽天ポイントからのチャージ

楽天のサービスを利用して貯まった楽天スーパーポイントを楽天Edyにチャージすることができます。1ポイントは楽天Edy1円分になります。

ポイントからのチャージは最低10ポイントから、最大25,000ポイント分をチャージ可能。また、1ヶ月にチャージできるのは合計100,000ポイントまでです。

楽天ポイントからチャージするには楽天Edyのページからチャージ申請を行う必要があります。

詳しくはこちらをご参照下さい。

※期間限定ポイントや、提携サービス会社・楽天証券から交換したポイントはポイントチャージ対象外となりますのでご注意下さい。

楽天e-NAVIを使ったEdyチャージ

楽天カード株式会社が発行するカードの会員へ提供している「楽天e-NAVI」というオンラインサービスを使うことでEdyチャージをすることができます。

楽天e-NAVIを使ったチャージは2種類あります。

 ・いつでもEdyチャージ

 チャージしたい金額を楽天e-NAVIで設定することで、コンビニの専用端末などから設定した金額分を受け取ることができます。チャージは1日1回までで、設定した金額分のみを受け取ることができます(翌日の正午に回数がリセットされ、再び受け取りができるようになります)。

 ・Edyチャージ

 Suicaなどのオートチャージをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。Edy支払いの際に、残高が設定した金額以下の場合、指定した金額が自動でチャージされます。例えば2,000円以下のときに5,000円チャージする、といったように「チャージするタイミング」と「チャージする金額」の2つを決めることができます。

 なお、「支払金額」が「Edy残高とオートチャージする金額の合計」より大きい場合、オートチャージすることができないことにご注意下さい。例えば支払金額が5,000円でEdy残高が1,000円以下のときに3,000円オートチャージする設定だった場合、オートチャージ後の残高が4,000円であるため支払金額の5,000円に満たないケースに当てはまり、オートチャージは行われません。


2.Edy機能付き楽天カードをお使いの場合

次の5つの方法があります。

クレジットカードからのチャージ

お使いの楽天カードからチャージすることができます。

楽天カードからチャージした場合、200円のチャージごとに楽天スーパーポイントを1ポイント手に入れることができます。
クレジットカードからのチャージをするためには、「楽天e-NAVI」というオンラインサービスに登録する必要があります。

楽天e-NAVIについてはこちらをご参照下さい。

現金からのチャージ

コンビニや一部の楽天Edy加盟店のレジで現金から楽天Edyをチャージをすることができます。

加盟店店舗のスタッフに楽天Edyにチャージしたい旨を伝えるだけですので、普段お使いになるお店がチャージ可能なお店であればこちらが最も手軽な方法かもしれません。

また、Edyチャージャーという現金を投入することでチャージができる機器を設置しているお店もありますし、セブン銀行のATMでも楽天Edyの現金チャージができます。

外貨からのチャージ

弊社が運営する「ポケットチェンジ」端末でもEdyへのチャージが可能です。

レジでのチャージやEdyチャージャーなどのチャージ機との違いは、日本円以外、つまり外貨でもチャージ可能な点。そして1円単位でチャージできる点です。

対応通貨は米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォン・香港ドル・ベトナムドン・台湾ドル・タイバーツ・シンガポールドル、そして日本円の10通貨です。

米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォンに関しては、通常は両替してもらえないコインもポケットチェンジではお取り扱いしております。

1円単位でのチャージが可能なため、お財布で余っていて使いづらい1円玉を楽天Edyにチャージ、といった使い方も可能です。

ポケットチェンジが使える場所はこちらをご参照ください

楽天e-NAVIを使ったEdyチャージ

楽天カード株式会社が発行するカードの会員へ提供している「楽天e-NAVI」というオンラインサービスを使うことでEdyチャージをすることができます。

楽天e-NAVIを使ったチャージは2種類あります。

 ・いつでもEdyチャージ

 チャージしたい金額を楽天e-NAVIで設定することで、コンビニの専用端末などから設定した金額分を受け取ることができます。チャージは1日1回までで、設定した金額分のみを受け取ることができます(翌日の正午に回数がリセットされ、再び受け取りができるようになります)。

 ・Edyチャージ

 Suicaなどのオートチャージをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。Edy支払いの際に、残高が設定した金額以下の場合、指定した金額が自動でチャージされます。例えば2,000円以下のときに5,000円チャージする、といったように「チャージするタイミング」と「チャージする金額」の2つを決めることができます。

 なお、「支払金額」が「Edy残高とオートチャージする金額の合計」より大きい場合、オートチャージすることができないことにご注意下さい。例えば支払金額が5,000円でEdy残高が1,000円以下のときに3,000円オートチャージする設定だった場合、オートチャージ後の残高が4,000円であるため支払金額の5,000円に満たないケースに当てはまり、オートチャージは行われません。


3.おサイフケータイをお使いの場合

次の7つの方法があります。

クレジットカードからのチャージ

アプリのチャージ設定からクレジットカード情報を登録することでチャージすることができるようになります。

チャージ手順の詳細はこちらのページから確認いただけます。

楽天IDに登録されているクレジットカードからのチャージ

アプリのチャージ設定から「楽天会員情報に登録済みのクレジットカード」をチャージ方法として指定することでチャージができるようになります。

チャージ手順の詳細はこちらのページをご確認下さい。

銀行口座からのチャージ

おサイフケータイを利用している場合、金融機関で口座振替の申込みをすることで銀行口座から自動引落によりチャージすることができます。

おサイフケータイ上でチャージ方法として銀行口座を選択し、金融機関のサイトで申し込みをすることで利用可能になります。

詳しい手順はこちらのページをご確認下さい。

現金からのチャージ

コンビニや一部の楽天Edy加盟店のレジで現金から楽天Edyをチャージをすることができます。

加盟店店舗のスタッフに楽天Edyにチャージしたい旨を伝えるだけですので、普段お使いになるお店がチャージ可能なお店であればこちらが最も手軽な方法かもしれません。

また、Edyチャージャーという現金を投入することでチャージができる機器を設置しているお店もありますし、セブン銀行のATMでも楽天Edyの現金チャージができます。

外貨からのチャージ

弊社が運営する「ポケットチェンジ」端末でもEdyへのチャージが可能です。

レジでのチャージやEdyチャージャーなどのチャージ機との違いは、日本円以外、つまり外貨でもチャージ可能な点。そして1円単位でチャージできる点です。

対応通貨は米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォン・香港ドル・ベトナムドン・台湾ドル・タイバーツ・シンガポールドル、そして日本円の10通貨です。

米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォンに関しては、通常は両替してもらえないコインもポケットチェンジではお取り扱いしております。

1円単位でのチャージが可能なため、お財布で余っていて使いづらい1円玉を楽天Edyにチャージ、といった使い方も可能です。

ポケットチェンジが使える場所はこちらをご参照ください

楽天e-NAVIを使ったEdyチャージ

楽天カード株式会社が発行するカードの会員へ提供している「楽天e-NAVI」というオンラインサービスを使うことでEdyチャージをすることができます。

楽天e-NAVIを使ったチャージは2種類あります。

 ・いつでもEdyチャージ

 チャージしたい金額を楽天e-NAVIで設定することで、コンビニの専用端末などから設定した金額分を受け取ることができます。チャージは1日1回までで、設定した金額分のみを受け取ることができます(翌日の正午に回数がリセットされ、再び受け取りができるようになります)。

 ・Edyチャージ

 Suicaなどのオートチャージをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。Edy支払いの際に、残高が設定した金額以下の場合、指定した金額が自動でチャージされます。例えば2,000円以下のときに5,000円チャージする、といったように「チャージするタイミング」と「チャージする金額」の2つを決めることができます。

 なお、「支払金額」が「Edy残高とオートチャージする金額の合計」より大きい場合、オートチャージすることができないことにご注意下さい。例えば支払金額が5,000円でEdy残高が1,000円以下のときに3,000円オートチャージする設定だった場合、オートチャージ後の残高が4,000円であるため支払金額の5,000円に満たないケースに当てはまり、オートチャージは行われません。


4.楽天EdyアプリとEdyカードを併用している場合

次の2つの方法があります。

楽天IDに登録されているクレジットカードからのチャージ

アプリのチャージ設定から「楽天会員情報に登録済みのクレジットカード」をチャージ方法として指定することでチャージができるようになります。

チャージ手順の詳細はこちらをご確認下さい。

楽天e-NAVIを使ったEdyチャージ

楽天カード株式会社が発行するカードの会員へ提供している「楽天e-NAVI」というオンラインサービスを使うことでEdyチャージをすることができます。

楽天e-NAVIを使ったチャージは2種類あります。

 ・いつでもEdyチャージ

 チャージしたい金額を楽天e-NAVIで設定することで、コンビニの専用端末などから設定した金額分を受け取ることができます。チャージは1日1回までで、設定した金額分のみを受け取ることができます(翌日の正午に回数がリセットされ、再び受け取りができるようになります)。

 ・Edyチャージ

 Suicaなどのオートチャージをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。Edy支払いの際に、残高が設定した金額以下の場合、指定した金額が自動でチャージされます。例えば2,000円以下のときに5,000円チャージする、といったように「チャージするタイミング」と「チャージする金額」の2つを決めることができます。

 なお、「支払金額」が「Edy残高とオートチャージする金額の合計」より大きい場合、オートチャージすることができないことにご注意下さい。例えば支払金額が5,000円でEdy残高が1,000円以下のときに3,000円オートチャージする設定だった場合、オートチャージ後の残高が4,000円であるため支払金額の5,000円に満たないケースに当てはまり、オートチャージは行われません。


5.iPhoneとEdyカードを併用している場合

iPhoneとパソリ(RC-S390)とEdy-楽天ポイントカード、またはEdy機能付き楽天カードをお持ちの場合、iPhoneとEdyカードを接続することでiPhoneからEdyをチャージすることもできるようになります。

接続方法の詳細はこちらのページをご確認下さい。

この場合、次の3つの方法があります。

クレジットカードからのチャージ

パソリ対応楽天Edyアプリ上でクレジットカード情報を登録することでチャージすることができます。
※楽天Edyウェブサイト上にて、パソリ対応楽天Edyアプリは2021年8月17日をもってサービスを終了する予定とアナウンスされています

楽天IDに登録されているクレジットカードからのチャージ

パソリ対応楽天Edyアプリのチャージ設定から「楽天ID」を指定することでチャージができるようになります。

チャージ手順の詳細はこちらをご確認ください。


6.iPhoneとおサイフケータイ対応機器を併用している場合

次の5つの方法があります。

クレジットカードからのチャージ

おサイフリンクアプリ上でクレジットカード情報を登録することでチャージをすることができます。
詳細な手順はこちらのページをご確認ください。

現金からのチャージ

コンビニや一部の楽天Edy加盟店のレジで現金から楽天Edyをチャージをすることができます。

加盟店店舗のスタッフに楽天Edyにチャージしたい旨を伝えるだけですので、普段お使いになるお店がチャージ可能なお店であればこちらが最も手軽な方法かもしれません。

また、Edyチャージャーという現金を投入することでチャージができる機器を設置しているお店もありますし、セブン銀行のATMでも楽天Edyの現金チャージができます。

外貨からのチャージ

弊社が運営する「ポケットチェンジ」端末でもEdyへのチャージが可能です。

レジでのチャージやEdyチャージャーなどのチャージ機との違いは、日本円以外、つまり外貨でもチャージ可能な点。そして1円単位でチャージできる点です。

対応通貨は米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォン・香港ドル・ベトナムドン・台湾ドル・タイバーツ・シンガポールドル、そして日本円の10通貨です。

米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォンに関しては、通常は両替してもらえないコインもポケットチェンジではお取り扱いしております。

1円単位でのチャージが可能なため、お財布で余っていて使いづらい1円玉を楽天Edyにチャージ、といった使い方も可能です。

ポケットチェンジが使える場所はこちらをご参照ください

楽天e-NAVIを使ったEdyチャージ

楽天カード株式会社が発行するカードの会員へ提供している「楽天e-NAVI」というオンラインサービスを使うことでEdyチャージをすることができます。

楽天e-NAVIを使ったチャージは2種類あります。

 ・いつでもEdyチャージ

 チャージしたい金額を楽天e-NAVIで設定することで、コンビニの専用端末などから設定した金額分を受け取ることができます。チャージは1日1回までで、設定した金額分のみを受け取ることができます(翌日の正午に回数がリセットされ、再び受け取りができるようになります)。

 ・Edyチャージ

 Suicaなどのオートチャージをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。Edy支払いの際に、残高が設定した金額以下の場合、指定した金額が自動でチャージされます。

例えば2,000円以下のときに5,000円チャージする、といったように「チャージするタイミング」と「チャージする金額」の2つを決めることができます。

 なお、「支払金額」が「Edy残高とオートチャージする金額の合計」より大きい場合、オートチャージすることができないことにご注意下さい。

例えば支払金額が5,000円でEdy残高が1,000円以下のときに3,000円オートチャージする設定だった場合、オートチャージ後の残高が4,000円であるため支払金額の5,000円に満たないケースに当てはまり、オートチャージは行われません。


■楽天スーパーポイントとは

楽天Edyのメリットとして、「楽天スーパーポイントを楽天Edyとしてチャージできる」というものがありました。

楽天スーパーポイントは、Edyでの支払額200円(税抜)ごとに1ポイントもらえます。このポイントは、1ポイント1円として楽天Edyでの支払いに使用することができます。

楽天スーパーポイントは楽天Edyの支払いだけでなく、楽天のサービスを利用することでも貯めることができます。

楽天スーパーポイントを貯めることができるサービスの一覧はこちらから確認することができます。

https://point.rakuten.co.jp/get/


■本記事のおさらい

ここまで、楽天Edyのチャージ方法について見ていきました。

色々やり方があるため一見複雑にみえるかもしれませんが、現金でのチャージはもちろん、クレジットカードからのチャージも難しくはなく非常に簡単に設定できます。様々な形でチャージすることができる便利なサービスであると考えて使ってみてもらえればご自身にあったチャージの仕方がわかるかもしれません。

記事内でも触れたとおり、ポケットチェンジ端末を利用してチャージする場合は

・外貨での楽天Edy残高チャージ

・1円単位での楽天Edy残高チャージ

が可能です。

ご自宅に余った外貨があるなど、使いみちのない海外のお金をお持ちの方はぜひご利用をご検討下さい。

電子マネーカテゴリの最新記事